2018年

4月

11日

ギックリ腰

ギックリ腰!

 

耳にされた事がある方は多いと思います。

さて、ギックリ腰ってどんな状態の事でしょうか?

正確な診断名は「腰部捻挫または腰椎捻挫」です。

「腰って捻挫するのぉ~?」疑問を持たれる方も多いかと思います。

そうなんです、腰も捻挫なんです。

欧米では、ギックリ腰を「魔女の一撃!」って言うそうですよ。

原因は様々ですがよく言われるのが

「重いものを持ち上げた時にギクッゥ!となった。」

「子供を抱き上げた時に腰が抜けたようになり立てなくなった。」

「くしゃみをした時に固まった様になって動けなくなった。」などなど

何かをした瞬間にその場で急な強い痛みが出た状態をギックリ腰といいます。

くしゃみの瞬間に腰椎椎間板には最大で300Kgの負荷がかかり、340Kgを超えると

ギックリ腰を起こすと言われています。

 

その様な時には冷やしてくださいね!

温めたり揉んだりしたら駄目ですよ!

だって、捻挫ですからね!

応急処置のRICEを実行してください。

そして、出来るだけ早く治療をうけましょう。

 

当院での施術は

1 ご本人からその時の状況を確認(問診)

2 患部を触診して熱感や痛みの場所を特定 

3 アイシング 

4 ハイチャージ(医療用高周波治療器) 

5 アキュスコープ(微弱電流治療器) 

6 3MHzの超音波治療器 

7 干渉波治療器(中周波) 

8 手による施術 

9 必要に応じてテーピングまたはベルトやコルセット装着 

 

以後は、症状の改善状態により随時治療内容を見直して全快に向けて施術致します。

ストレッチング体操や筋力アップのトレーニング方法も指導致します。

もっと沢山の事をお伝えしたいところですが、文字でお伝えすると不備不足や勘違いの原因になりますので基本的な事をお伝え致しました。

対面でお伝えする事が一番だと思っております。 

2017年

5月

24日

捻挫したぁ~!?

うわっぁ! 

捻挫したぁ~

どうしたらいいの??

冷やすの?

良くある質問です

確かに、みなさんどうしたらいいのか分からない方が多いですね

原因や怪我をした部位は、色々と有りますがどれも全て同じだと考えて下さい

 

では、具体的にお答えしましょう! 

たとえば、写真の小学生男子

サッカーをしていて足首を捻ってしまいました

日時は5月22日月曜日の午後4時30分です

負傷名は、足関節捻挫でした

捻挫と言っても軽度から重度まで分類されますが

何はともあれ冷やしてください!

怪我をしたらなるべく早く!

氷かアイスパックなどを使用して!

冷やしてください!!

はっきりいいます‼‼

湿布よりも氷が一番です!

出来るだけ身体の深部にある損傷部まで冷やしたいので断然氷です

理想は、70時間から80時間連続して冷やし続けるのがベストです

今回は、5月22日月曜日の午後4時30分からスタートしてカウントすると

5月25日木曜日の午後4時30分で72時間経過ですから多めにカウントして

5月25日木曜日の夜寝るまでは冷やし続ける時間という事に成る訳です

そして、大切なのは何故冷やすのかです

怪我をすると身体の中で出血をして熱が出ます

その時間が概ね70~80時間という訳です

出血とは血が体外に出る事で内出血とは身体の中で血が出ている状態です

いち早く止血をしなければいけません

基本は、RICE処置と言います

①安静                         Rest

②冷やす                        Icing

③怪我した場所を圧迫            Compression

④心臓より出来るだけ高い位置に  Elevation

 

身体の何処かが痛くなったとき、冷やすか温めるか迷った時はまず冷やしてください 

温めることは後からでも出来ます。冷やすべき時に温めたり、揉んだりしたら最悪です。

痛みはマックスになってしまいます。

とにかく冷やしてみて下さい。

2017年

5月

23日

ベッドで簡単ストレッチ

暑いですね!!

暑いと言っても涼しくはならない。

わかっているけど、ついつい言ってしまうほど

 

暑い

 

体調はどうですか?

無理をしないで食事と睡眠と十分にとって

この暑さを乗り切りましょう!!

 

さて、皆さんは目覚めたあとはどうしていますか?

すぐに起きる?

しばらくウダウダとベッドにいる?

 

起きて動き出す前にベッドの中で簡単なストレッチをしましょう。

1日のスタート、身体が軽くなりますよ。

 

1・まず全身の伸びをします。両手を上にあげて手は上に引っ張られるように、

脚は下に引っ張られるように。10秒ほど3回

 

2・足首を上下左右に10回ほど。

 

3・足の指全部をグー、パー、5回ほど

 

4.足と同じように今度は手首と手の指を同じように

 

5・股関節を片方ずつ大きく回します。右回し、左回し、5回ほど。これを左右です。

 

6・仰向けのままベッドの端に左側の端なら右足を下に放り投げるようにおろします。

そのままの状態を30秒。次にその反対側。

これは足の裏側から腰、背中のストレッチになります。

 

これらを全部やっても数分です。

朝の数分は大事な時間ですが、身体がしっかりと目覚めて心も身体も軽くなりますから

1日のスタートとして是非、習慣付けてみてください!!

 

☆ストレッチの注意点として、いきなり強く伸ばす事が一番よくないので

 「気持ちいいな~」と思うところで止めてください。

 やっていくうちに徐々に柔らかく伸びていきますので!!

 最初から無理をしないようにお願いします。

 

 

0 コメント

三幸接骨院

問い合せ先

板橋区徳丸2-19-13-1F

TEL:03-5398-5599

各種健康保険・労災・交通事故の取り扱い